法律サービスであなたのチカラに!トラスティルグループ・スタッフブログ~金融街・日本橋兜町より

法律サービスであなたのチカラに!

2014年8月 5日|山根真(代表弁護士)

皆さま,こんにちは。

少し夏バテ気味の山根です。

 

今回は,「投資」と「ギャンブル」について少々。

 

投資ってなに? ギャンブルと違うの?

 

例えば,山根家嫡男(誰もがギャンブル好きになれる街,大森で生まれ育っている4歳児)

からこのような質問を受けたら,どう答えたら良いのか。

 

我が愛すべき国語辞典ウィ○○○○○によれば,

投資:主に経済において,将来的に資本を増加させるために,現在の資本を投

    じる活動を指す。広義では,自己研鑽や人間関係においても使われる。

 

ギャンブル:金銭や品物などの財物を賭けて偶然性の要素が含まれる勝負を行

   い,その勝負の結果によって賭けた財物のやりとりを行なう行為の総称。

 

 公営ギャンブル:競馬,競艇,競輪,オートレース,宝くじ,スポーツ振興くじ

 その他ギャンブル:パチンコ,パチスロ etc…

 

とのこと。

 

なんだ。

(広義の投資ではなく,狭義の,金融における投資に限って言えば)

なんか難しい言い方しているだけで,要は,より多くのお金を求めて,

ある勝負にお金を払って参加する行為,という点では同じですよね。

 

もちろん,金融における投資も多種多様で,一概には言えないのは当然です。

 

例えば,先物取引,FX(外国為替証拠金取引)のような,

短期的スパンでのハイリスク・ハイリターンを特徴とする,

いわゆる投機的な性格が強い投資は,まさに,ギャンブルそのものと言っても過言ではないでしょう。

 

一方で,例えば国債や,積立型の投資信託など,

長期的スパンでのローリスク・ローリターンを特徴とするような投資は,

それをギャンブルと呼ぶにはさすがに違和感を覚えますよね。

 

 

つまり,私なりに簡単に整理すると,

投資は紛れもなくギャンブルの一種である。

ただ,そのギャンブル度合いはピンキリである。

 

とりあえず,山根家嫡男への回答はこんな感じで良いでしょうかね。

 

このような捉え方には,投資をギャンブルといっしょにするな,と思われる方も多いかも知れません。

 

ただ,個人的には,投資をギャンブルといっしょにするな,という言い方には,

どこか,投資に対する奢りや過信,といったニュアンスを感じてしまいます。

投資は,知的で,社会性があって,高尚なものだ,みたいな(笑)

もちろん,そのような側面もあるとは思いますが。

 

皆さまはどう思われますか。

投資とギャンブルについて,上手に説明できるという方,ぜひご教示下さい。

 

heiwajimakyoutei takumi.JPG

 

山根家嫡男 平和島競艇場外発売場にて

 

 

皆様、こんにちは。
吉野です。

 

前回のブログで予告をしたとおり
会社設立をされる際のPointをまとめてみようと思います!
Part1の今回は、許認可編です。

 

日本でビジネスをする際に、勝手に始めてはいけないもの、
いわゆる許認可が必要なものは、この世の中には想像以上に沢山あります。
私自身、この仕事を始める前までは、建設業や飲食店に許認可が
必要なことは、かろうじて知っておりましたが(お恥ずかしい限りです・・coldsweats02
銭湯等の公衆浴場施設を営業するのにも許認可がいるなんて知りませんでした・・
(温泉が湧き出る所があり、大きいお風呂を作ればできるくらいのものだと思っておりました。)
当然、クリーニング屋を営業するのにも許認可が必要だなんてもちろん知るはずもなく・・・・・


 

 

温泉が湧き出たので、貯金を使って大きいお風呂を作ってみても
公衆浴場施設の許認可を取得できる条件(設備基準など)を満たしていなければ
取得をすることができず、工事をやり直すというハメになるという可能性も
あるということなんです。
(少なくとも、数年前の私が公衆浴場を営業しようとしていたら
間違いなく工事はやり直しになりますtyphoon
 

また、許認可の条件は業種によって様々です。
中には「資本金が●●万円以上」というような要件もありますので
せっかく会社を設立しても、このままでは資本金が足りない・・
と言う可能性だってあるわけです。

 

そういった事態を防ぐためにも、
許認可が必要なビジネスかどうかはもちろんのこと、
必要となる要件等を事前に確認をしてから
会社を設立されることを強く強くおすすめします!

 

なお、トラスティルグループでは許認可の取得代理はもちろん
会社設立と許認可取得をワンストップで行うパックサービスも
ご提供しておりますので、ご興味のある方は弊社HPをご覧くださいdog

2014年7月28日|山根真(代表弁護士)

皆さま,こんにちは。

山根です。

 

真夏日が続いており,まさに夏本番という感じですが,皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

山根家では毎年この季節,週末になるとプール通いをすることになっています。

 

大森の自宅から自転車で10分くらいのところに,大田区立平和島公園プールがあります。

(近くには,平和島競艇があります。ちなみに,大井競馬場も大森から近いです。誰もがギャンブル好きになれる街,それが大森です)

 

区のプールということで,とにかく安いです。

大人360円,子ども100円,です。

(今,都内の銭湯の入浴料は460円ですから,それと比べても安いと思いませんか?)

 

区のプールって,何か地味な25メートルプールで,結構ご高齢の方々がフィットネスクラブ的な,ウォーキング的なことで利用されてそう,って誠に勝手なイメージを持っていた山根でしたが(区のプール,ごめんなさい),その期待を見事に裏切ってくれました。

 

写真 2.JPG

 

こんな感じです。

夏の期間は,このように屋外プールが解放され,ちょっとしたサマーランド気分を味わえます。

子どもたちが大好きな滑り台もあります。

奥の方には本格的な50メートルプールもあります。

屋内プールも25メートルプールが子ども用,大人用,2種類あります。

 

自分たちと同じような家族連れが多く,とても賑やかです。

夏っぽいBGMも流れています。

(湘南の海の家的な問題もなさそうです)

 

 

写真 1.JPG

                                      

 

 

朝一番に乗り込み,屋内の子ども用プールを独占する山根家の人々

 

O氏ではありませんが,コスパ最高かと。

 

夏はやっぱりプールかと。

 

皆さまのご近所にも良い感じのプール,ありませんか?

 
お久しぶりです。
トラスティルの岩村です☆
 
ご無沙汰していた間に
周りでは結婚や出産ラッシュが続く中、自身は特段苗字が変わることも無く、予定も無く、あっさり三十路を迎えました。
 
さてさて その間
私は海事代理士事務所なるところへ
修行に行き、海や船に関するお仕事をしておりました!
 
海事代理士というものを初めて聞いた方(知っている方が奇跡!)へ
海事代理士とは??という内容を絡めつつ、海やその他レジャー許認可等に関する内容を発信していきたいと思います!
 
IMG_9495.jpg
 
※不定期に気まぐれ写真もdash
↑伊豆七島・利島のイルカたち。
 
トラスティルグループ&トラスティル行政書士事務所代表の小倉です。

 
前回少し触れた、私が行政書士になった経緯について、書かせていただきたいと思います。

多くの方から、よく聞かれたり、経歴と絡めて司法試験やら司法書士試験やらの受験を勧められるところなので、そういった方々にまとめての回答になれば良いのですが・・。
 
行政書士になる前、私は、銀行を退職して法科大学院に行っておりました。大学時代に立てた将来計画が法律サービスで起業することだったので、大学院入試で出した志望理由書にも、「経営者になって広く法律サービス提供したい」と一風変わった事を書いておりました。
 
もちろん、在学中は弁護士になろうと思って勉学に励んでおりましたが(人生でこんなに勉強したことはありません)、途中で私が専門にしたい金融関係の業法(金商法・銀行法・信託業法・保険業法etc)に基づく許認可手続というのが以前取った行政書士の資格で取り扱えることを知り、また授業やエクスターンシップ(実習)の一環で見学・参加した裁判や法律相談が耐え難い苦痛であったこと等もあって、悩みに悩み抜いて、最終的に司法試験は受けないことに決め、法科大学院卒業と同時に行政書士になりました。

 

 

担当者別ブログ記事

 

月別

follow us in feedly