コンプライアンス受託サービス|小売電気事業登録・発電事業届出サポート|トラスティルグループ

  

小売電気事業登録・発電事業届出サポート

コンプライアンス受託サービス

 

小売電気事業を行うにあたり、コンプライアンス体制の構築は重要なポイントの1つとなります。

 

例えば、小売供給契約締結の媒介、取次ぎ又は代理を第三者に行わせる場合は、それらの契約媒介業者等が需要家への説明義務を負うこととなりますが、きちんと法令遵守されるよう小売電気事業者は指示・監督する必要があります。

 

小売電気事業においてはもちろん、より広い意味でもコンプライアンス体制の構築とそのために必要な人材を適切に配置することは会社において重要な経営課題となりますが、状況によっては適任者を確保するのが難しい場合もあるかと思います。

 

そのような場合には、コンプライアンス業務を外部に委託することにより解決できることもあります。

 

当グループではお客さまからコンプライアンス業務を受託し、日々コンプライアンス業務を遂行することにより、安心してお客さまが安心して小売電気事業を営むことができるようサポートします。

 

サービスの内容(一例)

具体的には、次のような業務を含みます。

  1. 法令等遵守の観点から業務実態の把握及び検証
  2. コンプライアンス・マニュアルの作成・管理
  3. コンプライアンス研修の定期的な実施
  4. コンプライアンスに関する報告書の定期的な作成、保管、委託者への提供
  5. 委託者と委託先との連絡体制(トラブル発生時の対応を含む。)の構築
  6. 委託先(契約媒介業者等)に対する研修の実施
  7. 1.から6.までに掲げる事項のほかコンプライアンス業務に必要な事項

 

弁護士法人トラスティル・行政書士法人トラスティルがサービスをご提供いたします。

 

お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。