私たちがサポートさせていただきます|投資ファンド・市民ファンド組成サポート|トラスティルグループ

  

投資ファンド・市民ファンド組成サポート

私たちがサポートさせていただきます

行政書士 小倉純一

行政書士 小倉純一

早稲田大学社会科学部卒業。
みずほフィナンシャルグループ入社、みずほ信託銀行の本部にて勤務する。
同社退職後、駿河台大学法科大学院修了。在学中は銀行法・保険業法・金融商品取引法等の金融法と税法に注力。
2007年4月小倉行政書士事務所(現トラスティル行政書士事務所)開設。現在は、株式会社トラスティルグループ代表取締役および行政書士法人トラスティル代表を務め、学生時代からのテーマである新規事業の創出支援に注力する他、その手段としてのファイナンスという観点から、金融業者等に対するレギュレーション(行政規制)の分野を中心とする金融法務実務の専門家として、ベンチャー投資ファンドの組成支援等にも取り組んでいる。

 

公認会計士・税理士

早稲田大学政治経済学部卒業。
中央青山監査法人(現あらた監査法人)にて、国内外の法定監査(金融商品取引法、会社法、投資事業有限責任組合法)、任意監査等に従事。
2007年4月より、霞ヶ関国際会計事務所にて不動産SPC等の会計・税務及び管理受託業務に従事。2008年4月より、株式会社ヒューロン コンサルティング グループにて上場REITの決算業務支援、製造業・IT企業等のバリュエーション業務に従事。
2009年2月より、PwCアドバイザリー株式会社(現プライスウォーターハウスクーパース株式会社)にて事業再生業務、M&Aファイナンシャルアドバイザー業務、デュー・デリジェンス業務に従事。特に国内製造メーカーやベンチャー投資会社に係る事業再生プロジェクトメンバーとして、事業再生計画や資金繰りの策定に関与。

 

お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。