犯罪被害者保護|トラスティルグループ

犯罪被害者保護

世間的には、弁護士は犯罪加害者を弁護するだけで、被害者には冷たい、というイメージがあるかも知れませんが、決してそうではありません。犯罪加害者の弁護人に選任されればその加害者を全力で弁護しますが、別の案件で、犯罪被害者から相談・依頼があれば、当然、その被害者を全力でサポート致します。
民事事件と刑事事件は隣り合わせの関係にあるため、民事事件のサポートを進めながら、刑事告訴などのサポートを行うことも珍しくありません。

トラスティルグループの弁護士は、刑事告訴や示談交渉の経験が豊富ですので、安心してご相談下さい。

第1 刑事告訴

業務の概要

不幸にも犯罪の被害者という立場になった場合に、民事的に損害賠償請求等のアクションを起こすのとは別に、加害者の刑事責任を追及するための法的手段が刑事告訴となります。

刑事告訴は、単なる被害届けとは異なり、それを受理することで警察には捜査義務が発生する性質を有しています。そのため、その案件の犯罪該当性や、加害者の特定性、被害の程度等の事情を考慮した上で、捜査が困難であったり、捜査の必要性の乏しい刑事告訴に対しては、警察はかなり消極的で、なかなか受理しようとはしません。

この点、法律の専門家たる弁護士が被害者の代理人として告訴状を作成し、刑事告訴をすれば、被害者ご本人の場合と比べて、受理される可能性は高くなります。

第2 示談交渉代理

業務の概要

犯罪の被害者となった場合、その加害者本人もしくはその弁護人から、被害弁償や示談の話が打診されることがあります。被害者ご本人で対応されるケースが多いのは事実ですが、精神面も含め、いろいろな事情によりご本人で対応することが困難な場合もあります。

そのような場合、弁護士が被害者の代理人となって、加害者側との示談交渉等の対応を致します。

ご依頼までの流れ

①:ご相談→お見積り

まずはお電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。

その後、一度当事務所にご来訪いただき、お客さまと直接お話をさせていただいた上で、対応方針をご説明いたします。
さらに、現在のお客さまの現在の状況やご希望などを詳しくお聞きし、適正な価格でお見積りを提示いたします。

②:正式なご依頼

お見積りの金額やサービス内容にご納得いただきましたら、正式なご依頼となります。

 

サービス料金の目安

消費税別。別途実費が必要となります。

業務内容 着手金 成功報酬
刑事告訴 15万円~30万円程度 着手金と同額程度
示談交渉代理 10万円~20万円程度 経済的利益の15%程度、もしくは着手金と同額程度

 





お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。