【レトロパッケージ】シリーズ①スイスロール編|法律サービスであなたのチカラに!トラスティルグループ・スタッフブログ~金融街・日本橋兜町より

法律サービスであなたのチカラに!

法律サービスであなたのチカラに!TOP松本京(沖縄駐在)【レトロパッケージ】シリーズ①スイスロール編

【レトロパッケージ】シリーズ①スイスロール編

2011年11月24日|松本京(沖縄駐在)
突然、始まりました、
松本の【レトロパッケージ】シリーズです。
 
店頭、旅先やネットでみつけた、レトロなパッケージにビビビっ
ときた食べ物を中心にご紹介させてください!
 
ご紹介の前に、なぜ【レトロパッケージ】に魅力を感じるのかを
書かせていただきたいと思います。
端的に申しますと、凛とした強さに惹かれるのでございます。
 
つまり、昔からのデザインを変えることなく何十年も、
ご商売できている実力の裏づけが
普遍的なパッケージに表れていることが多いと思います。
美味しいから、パッケージは昔のままでOK(多くのメーカーさんは小さなリニューアルは重ねておりますが)、
奇をてらう必要なしということなのです。
また、一見古めかしいデザインも時が経つと、また最新鋭のデザインに感じることも出来、好感がもてます。
 
その心理は私だけでなく、多くの方もお持ちだと思うのですが
その心理を利用して老舗感を、レトロパッケージで表現する新参者も多いのでご注意くださいね。
(たいていの場合、パッケージ負けして実力が伴わない商品が多いかもしれません)
 
 
 
 
さて本題ですが、記念すべき一回目は
長崎のホンダ スイスロールです。
 
異色のある洋菓子 ホンダのスイスロール
 
 
 
このレトロな箱、スイスなのに緑・白・赤!です。^^
そしてこのロゴ・この文字!
さらにこのキャッチフレーズ!
これだけで期待感が高まりますね~!
創業が大正14年という力強さ、迫力があります。
 
箱を持つと、まずケーキの重さとは到底思えない重量感があり
カットしてみると、たっぷりのバタークリームそしてアップルパイが登場します。
バタークリームを食べてみると、’異色’の意味をわかっていただけると思いますが
本来洋風のバタークリームがどことなく、エキゾチックなお味がします。
 
 
以前はお土産で購入しましたが、長崎の風景をみながら今度は、いただきたいなと思います。
砂糖が超貴重品だった時代にも砂糖が流通した鎖国時代
栄華を誇った長崎らしい商品ではないかと、思いを馳せて食べるのも一興でございます。
 
こちらは長崎がお砂糖の消費量全国1位というデータを納得していただける甘度となっておりますので
ぜひお試しください。
通信販売もされておりますよ。
 
 
お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。

 

担当者別ブログ記事

 

月別

follow us in feedly