借金問題|トラスティルグループ

借金問題

「借りては返すの繰り返しで、消費者金融への返済がいつまでも終らない」
「自己破産したらどうなるのか不安だ」
「出来れば自己破産はしたくない」

いろいろな事情によって借金が膨れ上がり、気付いた時には返済の見通しが立たない状況に陥ってしまうことがあります。借金問題は、まず現実を直視した上で、早めに対応することでより良い解決に繋がります。一人で悩まずにぜひ弁護士にご相談下さい。

第1 任意整理

業務内容

金融機関や知人からの借金の返済で困っている場合に、弁護士が代理人となり、合理的な返済方法(適正な利息計算をしての減額、将来の利息カット、長期の分割払いなど)を提案し、和解を目指します。弁護士が債権者に受任通知を出すことで、和解が成立するまで返済をストップできることにも大きなメリットがあります。

 

第2 過払金返還請求

業務内容

金融機関への借金返済途中でも、借金完済後でも、適正な利息計算に従うと過大に返済をしていたことが判明する場合があります。その場合、ご本人でも過払金返還請求が可能ですが、弁護士が代理人として請求すると、比較的迅速に合理的な金額を回収できることが多いです。

 

第3 破産

業務内容

負債の返済を実行することが不可能となった場合に、裁判所に自己破産の申立てを行います。個人であれば免責許可決定を受けることで負債の返済を免れることができます。法人の場合、破産により法人格が消滅しますので、結果として負債の返済を免れることになります。自己破産は、ほとんどのケースで弁護士が代理人となっており、裁判所も弁護士が代理人であることを前提にした運用をしております。

 

第4 民事再生

業務内容

負債の返済を継続していくことが現状では困難であるが、安定した収入もあるため、負債が圧縮されれば返済を継続して完済する見込みがあるような場合、裁判所に民事再生の申立てを行います。負債を圧縮した上での分割払いの返済計画(再生計画)が認められれば、破産をせずに再建を図ることができます。個人の場合、持ち家を手放さずに済むという点でも大きなメリットがあります。

 

ご依頼までの流れ

①:ご相談→お見積り

まずはお電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。

その後、一度当事務所にご来訪いただき、お客さまと直接お話をさせていただいた上で、対応方針をご説明いたします。
さらに、現在のお客さまの現在の状況やご希望などを詳しくお聞きし、適正な価格でお見積りを提示いたします。

 ②:正式なご依頼

お見積りの金額やサービス内容にご納得いただきましたら、正式なご依頼となります。

 

サービス料金の目安

消費税別。別途実費が必要となります。

業務内容 着手金 成功報酬 備考
任意整理 債権者1名あたり3万円(但し、最低着手金として10万円) 経済的利益の15%程度、
もしくは、着手金と同額程度
 
過払金返還請求
(交渉の場合)
1社あたり3万円(但し、最低着手金として5万円)   経済的利益の15%程度  
過払金返還請求
(訴訟提起の場合)
  1. 交渉を受任していた場合:追加で5万円程度
  2. 初めから訴訟提起の場合:10万円程度  
経済的利益の15%程度  
破産(個人の場合) 20万円~30万円 ※債権者数や負債規模に応じて異なります 着手金と同額程度   別途管財人費用等必要となる場合がございます。
破産(法人の場合)
※個人事業者も含む
50万円~150万円※債権者数や負債規模に応じて異なります なし 別途管財人費用等必要となる場合がございます。
民事再生(個人の場合) 30万円~40万円 着手金と同額程度 別途再生委員費用等必要となります。
民事再生(法人の場合)
※個人事業者も含む
50万円~150万円 着手金と同額程度   別途再生委員費用等必要となります。

 





お問い合わせはこちら:電話03-6661-0480<受付時間は平日9時30分~17時30分>メールフォームは24時間受付ております。