法律サービスであなたのチカラに!トラスティルグループ・スタッフブログ

法律サービスであなたのチカラに!

本日は、毎年恒例となっている早稲田大学での学生への講義の日でした。

試験問題も1問作問しているのですが、出席して話を聞いてくれた学生が全員正解できるよう、出題ポイントを全力で匂わせて講義しました。

想いが伝わっていますように・・。

waseda20191001.jpg

同業の大坪先生が、行政書士法改正についてfacebookに書かれた記事にコメントさせていただいたのですが、大事な話だと私は思うので、こちらでも書いておきたいと思います。

大坪先生の論のご趣旨はよくわかりますし、徒に業務拡大を目指すのは私も反対なのですが、業務を広げるのではなく、「深める」ことは必要だと考えています。
そういう意味では、今回の法改正の内容である法の「目的」というのは極めて重要だと思います。

目的というのは、一見抽象的ですが、その法律を解釈するうえでの拠り所になるものですから、思いの外、具体的な場面に影響する可能性があるものです。

そもそも行政書士とは何なのかを規定するのが法の目的だと思うのですが、「国民の利便」のみが目的であれば、極端な話、行政書士制度なんかなくして誰でも出来るようにした方が、「国民の利便」に資するという考え方も成り立ちます。

「国民の権利利益の実現」を目的とした資格であればこそ、大坪先生の言われる「行政と国民の橋渡し」役であり、「公共政策の円滑化による国民の福利の増進」の担い手足り得るのではないでしょうか。

繰り返しますが、脈絡のない業務拡大(特に司法への参入)を目指すのは私も反対で、多分大坪先生と考えはほぼ同じなのですが、今回目指している改正点である「目的」については、非常に筋が良い改正だと思うのと、にも関わらず具体的な業務拡大の話ではないので、関心が低いように思われたので、つい弁護させていただきました。

https://www.facebook.com/rikimoto.otsubo/posts/2173690042747971

本日は、LEC東京リーガルマインド様の創立40周年記念式典に参加してまいりました。

記念講演で、かねてよりお話を伺いたかった元ライフネット生命、現立命館アジア太平洋大学の出口治明学長のお話を聞け、また同席の皆さまも刺激的な方ばかりで、とても楽しい夜でした。

錚々たる皆さまに混じりなぜか私もという感じでしたが、ご招待に心より感謝申し上げます。

LEC創立40周年、まことにおめでとうございます!

lec40.jpg

本日は、2010年から毎年担当させていただいている、年1回の早稲田大学での講義の日です。

・・とこんな日に爆破予告があったためとりあえず3限まで休講だそう。
私が話す授業は4限なので、どうなることか。

多分、何も発見されずに4限以降は予定通り行われるのではないかと思いますが、予定が立たず、いい迷惑です。

私に対しても威力業務妨害が成立するのではないか、という気分です。(あくまで気分)



追記:早稲田大学は爆破されず、予定通り授業が行われました。

この度、私が執筆を務めた書籍「行政書士の業務展開」が成文堂より刊行されました。

本書は、私が2010年以来毎年講義を行わせていただいている早稲田大学の講義科目「行政書士実務概論」の教科書として使用することを第1目的に計画されたもので、編者として講義の担当教員である田村達久先生(早稲田大学法学学術院教授・行政法)をお迎えし、講義を担当する実務家が分担執筆したものです。

私は、第8講「FinTech時代の行政書士業務~金融商品取引業を中心に」を執筆しています。
編集会議のメンバーとして、原稿のとりまとめのお手伝いなどもしていたので、内容云々以前に「無事に出版されてよかった」というのが率直な気持ちではありますが、本書が学生のみならず、広く行政書士業界の先生方にとってお役に立つ本となっていることを祈りたいと思います。

しかし、これまで教科書がない前提で講義をしていたので、今年の担当回はどのように授業をするか、思案しなければなりません・・。

 

担当者別ブログ記事

 

月別